いまここを生きる、は難しくない?

おはようございます。

ちょっとハサミに用があって引き出しを探していたのに、
爪やすりと目が合ってしまい、
ハサミのことなどすっかり忘れて爪磨きに没頭していた。
なんてことはよくあることだと思いますが、
もしかしてこれが、「いまここ」を生きることなのかもしれないね。

何にもとらわれずただ目の前にあることに向き合う。

ちいさな子どもは、みんなこれをやっていますよね。

本来の目的(ハサミ)のことを忘れて別のこと(爪やすり)に時間を使ってしまった、というのがわるいことのように大人になると思ってしまうけれど、
本来の目的(未来)を生きるのと、今ここを生きるのに、優劣はないのかもしれません。

また無駄なことに時間をとられてしまった、と嘆いている自分に氣づいたら、
「それってそんなにわるいこと?」って一回疑問視してみるといいですよ。
未来に囚われすぎてる自分に氣付くかもしれません。

今日もよき日で○