いいも悪いもただのジャッジ

これはいい。これはわるい。
これはOK。こっちはNG。
こっちは好ましい。こっちは気に入らない。

それらは全部、逆の立場から見ると、反対になってしまうもの。

だから、いいも悪いも、ただ一方の角度からジャッジしているだけのこと。
「これは悪だ」とあなたが考えていることも、
ほんとうは、善悪を持たず、ただ存在しているだけのものなんだと思う。

ただ在るだけのものに氣をとられて、
自分の中身がエネルギー不足になってしまったら、
なんかもったいないというか、無駄なことしてるのでは?

在るものは在るだけで。
「悪い」ような氣がするけど、違うかもしれない。
「いい」ような氣がするけど、違うかもしれない。
「勝った」ような氣がするけど、違うかもしれない。
「負けた」ような氣がするけど、違うかもしれない。

そんなふうに、ふんわりと眺めていくやり方もある。