トランスフォーメーションゲームと天使の話

こんばんわ。HAPPY道場さちこばです。

先日、トランスフォーメーションゲームを体験してきました。

人生が変容するとも言われてるトランスフォーメーションゲーム。
(興味のあるひとはこことか見てみてね)

DSCF2808

このゲームには“ディーバ”と呼ばれる妖精が参加して、
ゲームの進行をあたたかく、ときにはユーモアたっぷりに、サポートしてくれます。

(今回のゲームは、ディーバのツッコミが鋭すぎて、
 いっとき笑いが止まらなくなってしまったwww
 でもツッコミを入れられた本人は笑えてないという状態…。
 わたしも自分だったら笑えてたかな?
 もし自分にツッコミ入れられても笑えるくらいでいたいなぁ…)

 

 

わたしがこのゲームに参加した理由のひとつに、
大大だいすきな吉田至叶人せんせいがファシリテーターだったこともあります。

 

その吉田せんせいが、ディーバについて話してくれたことで気づいたことを
今日はシェアしますね。

 

吉田せんせいが、ディーバや天使について話してくれたこと。

神はカタチのない存在で、
人はカタチのある(物質化してる)存在だから、
その仲介をする存在が必要で、それが天使なんだって。

で、天使は、人に伝わるように物質化して、姿を現すんだって。

 

その話を聞いて、思い出したことがあるのです。

 

わたしも、以前からおなじよーなことを考えていたの。

つまり天使は、わかりやすいイメージで出てくるんじゃなくて。

例えば、鬼瓦みたいな顔のオバちゃんだったり
そこらへんのオッサンだったり
口うるさい先生だったり
生意気なガキんちょだったり

そんな感じの、一見「えー(;´Д`)」って思うような形で目の前に現れているじゃないか、ってこと。(もちろん、ステキな友達だったり、美人の芸能人だったり、そんなカタチのときもあると思うよー)

 

私には、今でも忘れられない、

あまり美人ではなかった美容部員のオバちゃんのアドバイスとか、
近所のはずなのに2度と行けないであろうお店で出会った店員さんとか、
部活の先輩の、多分なんてことのない助言とか、
ふと目に入った車に書いてあった事業所名とか、
なぜか気になる歌の詩のワンフレーズとか、

があって、

あの人って………、
   もしかしたら天使だったんじゃない?
あれって………、
   天使のメッセージだったんじゃない?

って後になって思うことがあるのね。

 

これってわたしだけじゃなくて。 誰にでも、そーゆー、
強烈な喜びとか強烈な辛さとは違った日常の中で、
なんか知らんけど心に残ってる人とか、
なんか知らんけど忘れられない出来事とか。
きっとあるんじゃないかな?

 

天使はおそらく、
人が一般的に考える“天使”の形で現れることはないんじゃないかしら?
(あったとしてもすごいレアとかさー)

 

昨日のブログにエンジェルナンバーのことをちらっと書いたけど、
エンジェルナンバー発見☆(*゜▽゜*) みたいな感じの
ス ペ シ ャ ル 感 
が な く て も 、

天使のメッセージはそこここにあるんじゃないかな?

 

だとしたら、わたしたちは、
“天使からのメッセージ”を、

もんんんのすごく見落としてる
可能性があるってこと。

わたしたちが一般的に考える“天使”の形が、
逆に天使を感じることを妨げてることも充分に考えられる。

 

「奇跡が起きない」と思ってる人は、
「奇跡とはこういう形であらわれるものだ」という固定観念が強すぎるってこと。

 

きっと、あなたのまわりにも、
もちろんわたしのまわりにも、
天使や奇跡はいっぱい来ているはず。

 

ちょっと固定観念から目をそらしてみたら、
いろんなミラクルに気づくかも!

小さなしあわせを見つけるのが上手な人は、結局大きなしあわせを手にしてるっていうのと同じで、
小さなミラクルを見つけるのが上手になったら、ミラクルの連続の人生を手にするかもしれないよー。

P1020931

↑これは、アンディ・レイキ氏の天使の絵。コレクターのROCKY氏にご縁あって見せていただきました。
ニブいわたしでも、エネルギーを感じたのでおすそわけー♡