今日の氣づき 空っぽをたのしむ

おはようございます。

昨日の記事で、「いま」にフォーカスして、手放す、というワークについて書きましたが、もっといいことに氣づきましたので、今日はそれについて書いておきます。

昨日の記事の流れだと、
「いま」にフォーカス→手放す→「つぎ」にフォーカス
となるのですが、

これだとちょっとせわしないということに氣づきました。

手放したあと、休む暇がないのですね。

「手放す」のあと、「空っぽ」になるのを意識すると、氣持ちがいいんです。

昨日の補足として書くなら
「いま」の感情にフォーカスする
 ↓
手放す
 ↓
「空っぽ」の状態を感じる
 ↓
「いまの自分を機嫌よくするもの」 にフォーカス
となります。

「空っぽ」の状態を感じる ことが氣持ちよければ、
その時間を長くしても構いません。

「空っぽ」の状態とは、
空(から)ではあるけれど、空(くう)に満たされた状態です。

空っぽだけど、満ちている。

その心地よさを感じられたら、それが瞑想です。

何もないのだけど、何かに満たされている。
それは空(くう)であったり、愛であったり、エネルギーであったり、
あなたがそうとしか呼べないと思ったもので、あなたは満たされています。いつも。

今日もよき日を○