種明かしをお楽しみに

おはようございます。

2020年は、大きく変わる年だと言われています。

スピリチュアル的にも大変革のときだと。

エゴは変化を嫌うので、
変わることには「怖い」という感情がついてまわります。
経験していないことは、怖い。

でも、起きる前に経験するのは不可能。

そして、起きてしまえば、「体験」があるだけ。
一瞬一瞬の体験のなかには、起きる前に想像していた「正体不明の怖さ」はありません。

必要以上に怖がって自分を生きづらくさせることはないのです。
必要以上?
必要?
その怖さ、必要?

なんのために?

それはたぶん、
目隠しをしてこわごわ進む体験をしたあとに、
目隠しを外して「なあんだ」という種明かしを楽しみたいから。じゃないかな。

つまり楽しみたいから怖がってる。

いま怖くても、あとで種明かし(お楽しみ)が待っている。ということ。

今日も良き日で○