葛藤手放しゲーム

葛藤があると、本質を生きるのがむつかしい、と、師に教えてもらったことがあります。

葛藤というのは、どちらかはっきりさせれない、ということ。
迷いと同義かもしれません。

日常で言うと、すごくありふれたこと。
たとえば、仕事に行きたくないけど行かなくては、とか。
やろうやろうと思っていることに着手できない、とか。
本音と建前がずれている、とか。
ささいなことから重大なことまで、あらゆるところに葛藤があるかもしれません。

葛藤をなくすには、「未完了をなくす」ことを心がけるといいです。
ま、それもなかなか大変なんですけど。
ときどきゲーム感覚でやるといいと思います。

手順としては

  • いま抱えている未完了のリストを作る
  • 各項目について「やる」か「やらない」かを決める
    (案外、やらなくてもいいことを抱えていることが多い)
  • 「やらない」項目をリストから削除
    (残りが「やる」と決めたものになります)
  • 残った項目のうち、すぐできることを、すぐにやる
    (これも案外、10分もかからずにできることが多い)
  • 残りの時間のかかる「やる」に期限をつける

買うものをメモしないで買い物に行くより、メモして行ったほうがサクサク終わるのに近いかな。

リストが全部消えたときの開放感は半端ないので、
その氣になったときに、試してみてください。